fc2ブログ

花楽のひとりごと

2021年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

旬のお花を旬の時に



気がつけば1月も終盤。
2022年も宜しくお願いします。

今年のお正月は、今までの人生の中で一番の~んびり過ごした年始。
地元のお米や、採れたて野菜に魚介類をたらふく食べて、
美味しい水とお米で作った旨い日本酒をたらふく呑んで思った事。

旬のものってサイコーじゃない!?

お花も農作物。
お野菜みたいに旬の時期があるのは当たり前なんだけど
東京の市場ってホントにいつでも何でもあるし、
季節を問わず良いものを出してくれる生産者さんたちの努力に甘えてしまって
ついつい忘れがちになっちゃって。

旬ド真ん中にベストの状態で出てきたお花ってやっぱり
キラキラした輝きが違うんだから!
それをご近所さん達に見てもらわないで何がお花屋さんだ!!と思うワケです。

夏のドウダンツツジ、秋のパンパス、初春のミモザみたいに
超先取りで誰かが始めると瞬く間に
SNSの画面がウワーーーーッと同じ花、同じ構図で埋め尽くされる現象に
私達も少なからず振り回され、ベストな状況の一歩手前だなぁとか
値段ばかり釣り上がってしまった物を仕入れてしまう状況に
ちょっとうんざりしているのも正直な所。

ステキなお花を買い付ける仕入れ力や
お家でこんな風に活けたらいいんじゃない?っていう発信力は磨き続けたいけど
先取りを更に先取る為に市場や生産者さんに無理を言ったり、
私達の思う品質と価格のバランスに合わないものを仕入れるのは
花楽として求めているお花を楽しむ生活とは違うなと再確認。

流行ってるからとりあえずそれが欲しい!を満たす店じゃなく
目的なくふらっと遊びにきても、気になる花に出会えるお花屋さんでありたいなと。

今年は今までより更に
旬の花を楽しむお花屋さんでいられるように
2022年も楽しみます
スポンサーサイト



| 花楽はならくのこと | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |